バウムちゃんねる×若手映画監督コラボ企画!!

第3弾!!× 新谷寛行

1980年大阪府生まれ。京都産業大学卒業。
大阪の映像制作事務所で修行ののち、2006年上京、イベント会社映像制作部に入社する。2008年に退社後は、様々な制作現場で経験を積む。初めて監督した短編「カミソリ」(2015)が水戸短編映像祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア、福岡インディペンデント映画祭(優秀賞)、横濱インディペンデントフィルムフェスティバル(短編部門グランプリ)、ブリュッセル国際映画祭など国内外で上映・受賞。2016年、ndjc:若手映画作家育成プロジェクトに選出され短編「ジョニーの休日」を制作。

第2弾!!× 内田伸輝・斎藤文

監督、脚本、編集:内田伸輝

1972年生まれ。埼玉県出身。
2010年『ふゆの獣』が東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞後、国内外多数の映画祭で上映され、2011年7月、テアトル新宿他にて全国劇場公開される。 2012年長編映画『おだやかな日常』長編劇映画4作目となる『さまよう獣』が2013年連続で全国劇場公開され、『おだやかな日常』は国内外多数の映画祭で上映、2013年10月に台北(台湾)にて劇場公開される。2014年6月、カナリア諸島地球環境映画祭2014にて最優秀作品賞。『おだやかな日常』『さまよう獣』のDVDは、TSUTAYAなどでレンタル中。最新作は『ぼくらの亡命』(2016年)東京フィルメックスにて上映後、2017年6月24日~ユーロスペースにて劇場公開。

撮影監督:斎藤文

2005年からフリーランスフォトグラファーとして活動。内田伸輝監督作品『ふゆの獣』でスチールと同時に共同で映像撮影を担当。以降、映画やミュージックビデオなどの映像撮影を手がけるようになり、現在はフォトグラファー/シネマトグラファーとして活動中。[主な映像撮影作品]『R離棟からの手紙』監督:堀内博志/2012/MV、『おだやかな日常』Bカメ/2012、『キエル』2013、『赤い森』2014 『ぼくらの亡命』2016 監督:内田伸輝、『カミソリ』監督:新谷寛行/2015、『52ヘルツの鯨』監督:阿部綾織/2017ほか。

第1弾!!× 上田慎一郎

1984年生まれ。滋賀県出身。
監督作「ナポリタン」「テイク8」「恋する小説家」「Last WeddingDress」「彼女の告白ランキング」など。中学生の頃から友人と自主映画を制作し、高校卒業後も映像の学校等には入らず独学で映画を学ぶ。2010年、映画製作団体PANPOKOPINAを結成。現在までに13本の映画を製作し、国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得。2015年、オムニバス映画「4/猫」の1編「猫まんま」の監督で商業デビュー。「100年後に観てもおもしろい映画」をスローガンに、娯楽性の高いエンターテイメント作品を創り続けている。